Team NSK

チャンスの有無はやる気次第。
エンジニアとしてもマネージャーとしても
さらなる成長を目指したい。

情報系の高校を卒業後、大学ではコンピュータビジョンを研究。パノラマ合成や画像合成などを学ぶ。採用面接で社長の斬新な考え方に感銘を受けたことと、仕事の選択肢の幅の広さが入社の決め手に。若手ながらもナビゲーションソフトの開発チームのリーダーを任され、マネジメントスキルも磨いている。

Kazumasa.S

Kazumasa.S

2016年入社
モビリティサービス部

映画が好きで、休日には映画館に足を運ぶことが多い。現在、大型バイクの免許とバイクの取得を目下計画中。地元の群馬県に帰省した際に、大型バイクでツーリングを楽しむことが目標。

#01

これまでにない仕組みを、チームで創造する醍醐味。

現在、大手自動車部品メーカーに常駐し、HMI関連の開発リーダーを任されています。具体的には、カーナビゲーションシステムのフレームワークを開発しています。流行りのデザインの導入や、新たな機能の追加をしやすい構造にすることが目的です。6人のチームで取り組んでいますが、そのリーダーとして、お客様からの依頼に応じた見積の作成、設計業務、メンバーへの作業の割り振りや管理が私の役目です。開発方法は日進月歩で進化しており、従来は単純なC言語でプログラミングしていたものを、最近ではC++といった異なった言語を用いるようになりました。そのため、全体の枠組みをどう作っていくかがポイントに。この新たな仕組みづくりにチーム全員で勉強しつつ向き合い、試行錯誤しています。新しいことを学びながら実践していくおもしろさを感じています。

インタビュー風景

#02

コミュニケーションを軸に
後輩の指導に力を注ぐ。

一方で、設計部分も含めた開発機構において、チームメンバーに作業を割り振らなければなりません。その時、実際の作業単位にまで落とし込んで伝えなければならない点に苦労しています。これまでは自分の頭の中で考え、それを自分で進めていけばよかったのですが、リーダーとして後輩に分担してもらい、スキルを身につけてもらわなければなりませんから。言葉だけでなく、絵で仕組みを伝えるなど、工夫はしていますが、今後、今までの自分の知見を形として残し、後輩がそれを見ればわかるような資料作りも手がけていきたいと考えています。大切にしていることは、お客様とはもちろんですが、チーム内でのコミュニケーションです。入社するまでは、プログラマーやSEはひたすらPCに向かって作業するだけの仕事だと考えていました。しかし実際業務を経験すると、知識だけでなく打ち合わせやレビューなど、コミュニケーションがとても重要だとわかりました。円滑なコミュニケーションによって、いかに信頼関係を築くことができるかがポイントとなる仕事ですから。

インタビュー風景

#03

確固たる技術と、
マネジメントスキルを身に付けたい。

私の役目は、チームリーダーとしてお客さんの窓口となることと、実務部分では後輩に割り振って、成長を促すことです。求められているのは、マネジメントスキルです。社内外の研修でも学んでいますが、まだまだ力不足を感じることが多々あります。さらに、技術的なことに関しては、経験だけで何となくできてしまうことも増えています。しかし、きちんとした裏づけができるようにして、技術を確実にしなければならないと思っています。
当社では、成長するスキルのある人は、そのスキルを見据えたプロジェクトでの役割を与えてもらえます。こちらの意見もきちんと聞いてもらえます。面談も頻繁にあり、上司からの案件の提示もあります。そこでやってみたいと言えば、できる可能性も高いので、どんどんチャレンジできます。新しいことを常にやっていく仕事ですから、勉強して吸収していく意欲のある人と一緒に仕事をしていきたいですね。

インタビュー風景

ある1日のスケジュール

10:00
客企業へ直行。朝礼
通勤途中は資格取得のための勉強を行う
10:15
午前中の業務開始
報告書を作成後、お客様と打ち合わせ
12:00
ランチ
顧客企業の社員食堂で食べる。金曜日はハヤシライス。
13:00
午後の業務開始
お客様との打ち合わせ。上司への報告。部下の指導
19:00
定時退社
帰りにコンビニで夕食を買い、一人暮らしの部屋で食べる。
仕事風景